スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

自宅輸液  第1回目

2009年01月06日 23:51

                P252iS0072549176.jpg

                画像は脱水時ののりちゃん



のりちゃんの自宅輸液 第1回目 無事、終わりました。
170mlくらい

しかし、輸液直後、晩ご飯を全て吐きもどし。

本末転倒というか、意味ないじゃん(泣)

せっかく今日は鶏のささ身を1本、
療法食のりちゃんスペシャルもしっかり食べてくれたというのに。

しくしく。

輸液後、気持ち悪くなる子がいるというのは聞いていたので、
輸液の量が多かったのか、びっくりしたのか、
輸液を入れる時間も早かったような気もするし、位置もマズかったのかも。

しかし、のりちゃんは大人しかった。
針をさしても動じず、何かヘンだな、という感じ。
輸液の量が増えるにつれ、「これは何?  のりちゃん、これ嫌だな」というリアクションでした。
無理に押さえつけることもなく、終了。

昔から注射のときも無感動というか、平気だったのを思い出した。

全体的になんとなくふっくらした、のりちゃんの右手が輸液でパンパン。
…大丈夫なんだろうか。

あと1時間くらいしたら、再びご飯を食べさせます。

私はかなり緊張してしまい、心臓バクバク。
思っていたより簡単だったけど、

…疲れました。
明け方まで眠れず。深夜2時過ぎにシリンジにてアズミラ缶50g。
その後、のりちゃんより催促があったので、30g手で与える。

1/7 朝 体重をはかると3.10キロ(輸液前は2.99キロ)。

今後の通院に悩む。
スポンサーサイト


コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)


    最近の記事


    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。