スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

朝の考察

2008年10月11日 10:32

昨夜は疲労困憊で、お酒も飲まず、目が覚めたら朝の5時だった。
恒例の畳の上で寝てしまったのだ。さすがに10月ともなると寒い。
季節の移り変わりを感じる今日この頃である。

さて、のりちゃん。さっそくご飯の催促。
その前に、お約束の体重測定3.4キロ。増えている。ちょっと意外。体重計の誤差だったりして。
ペット専用のスケールが欲しいなぁ。

のりちゃんはどちらかというと朝のほうがご飯をよく食べる。
副腎皮質ホルモンの影響かなぁ。これについては興味深い文献を見つけた。
アズミラ缶156g=190カロリーを完食。
私の介助付きではあるが、シリンジ給餌でないのがうれしい。
もしかしたら、のりちゃん、自力で食べるほうが美味しいものが食べられると学んだのかも。
シリンジ給餌のほうはがドライがメインになるし、
薬やサプリもどっさり入っているので不味いのかもしれない。

今日は夕方からみなとみらいでコンサート。
曲目は私の好きな幻想交響曲(ベルリオーズ)やハバネラ(サン=サーンス)など。
お友達ともどっさり会えそう。

お昼ご飯を食べさせ、穏やかな午後と思いきや、のりちゃんが口から流血。
白いガーゼのハンカチが真っ赤に染まる。

コンサートは「当たり」で、とても楽しかった。
特に「幻想交響曲」は指揮者の解釈が独特で、
楽譜が違うのかと思うほど、良い意味で「ヘン」な仕上がり。
こんなフレーズあったっけ?というカ所、多数。
第三楽章の終焉、「雷」の音は秀逸。怪奇音の出来は最高。
五楽章の鐘の音はパワー全開。こんな派手な鐘の音というのも滅多にないかも。
この「幻想…」を聴いてしまったら、他のがまっとうすぎて地味に感じるかも。
スポンサーサイト


コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)


    最近の記事


    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。