スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

さよなら腫瘍、またきて腫瘍

2008年11月29日 15:54

今日はのりちゃんの通院日。
ここ最近、便に少量の血液が混じるので、検査でした。
小腸と大腸の間にあるリンパ節(パイエルパッチ)から出血の疑い。
つまり腫瘍、早い話が癌ってこと。
(のりちゃんは白血病キャリアのため、リンパ腫になりやすい。)

レントゲンとエコー、そして血液検査を依頼し、待つこと2時間。
街を歩いていて浮かんだのが「さよなら腫瘍、またきて腫瘍」。

検査の結果、まだ腫瘍になっていないとのこと。
血液検査も前回(11/15)よりよく、
白血球の数値も正常範囲に。 239H→151H
貧血も前より良くなり、 HCT26.3%→29.3%と(30%台ももうすぐ!)
データから赤血球が一生懸命作られていることがわかる。
腫瘍判定の目安となるカルシウム(Ca)の数値も上がっていなかった。

出費は痛い(ハンブルクバレエのS席相当)。
たとえ癌でも手術をする気はないし、抗癌剤等を使う気はない。
検査は意味がないような気もするけれど、原因等がわかれば、それなりの対処はできる。
今まで無謀な治療を受けさせてきてしまったから、
これからは少しでも苦しみの少ない猫生を過ごさせてあげたい。

免疫力が低下し、鼻血が出るときはパイエルパッチからも出血する。
便についていた少量の斑点状の血液の意味がわかってよかった。
院長先生はいつも紙に図を書いて説明してくれ、
今日も免疫学のレクチャーを受けているような案配でした。

脱肛しているときは温めると良いとのこと。
肝臓をあたためることで血流が良くなるそうだ(肝臓と腸は直結)。

私の腰痛もなかなか改善されないけれど、人も猫も冷えは大敵ってことで。





スポンサーサイト


コメント

  1. miharu | URL | ZLadS2jQ

    お知らせ、ありがとうございます。
    のりちゃん、ずいぶん痩せてしまったけど
    がんばっているみたいですね。
    私も手術や抗がん剤などは、のりちゃんの体力やストレスを考えるとしないほうがいいと思いました。
    のりちゃん、応援しています。

    またノラちゃんたちのことを思い出してくれてありがとうございます。

    私のブログのURLを置いていきます。
    パスワードは以前住んでいた県のアルファベット8文字です。

  2. rii | URL | azwixnxU

    miharu様

    コメントありがとう。のりちゃん、1年前から自力でご飯が食べられなくなったで、毎回私の介助で食べさせてます。でも、前より状態は良くなったような気がします。

    miharuさんにいただいたホットカーペットは、ぐれちゃんが愛用していています(苦笑)。しかし、先日、のりちゃんがぐれちゃんを押しのけて利用していました。「miharuさんに連絡とったよ」とのりちゃんに告げると、目を細めてましたよ。
    また、ナンちゃんの姿を久々に見られてうれしかったです。元気そうでよかった!

コメントの投稿

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)


最近の記事


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。