スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

のりちゃん、セーターを好む

2008年11月26日 11:59

25日は腰痛のため、歩行困難で会社に行けず、自宅でコツコツ仕事をしていました。
3連休に続き、家にいたわけですが、そうすると、のりちゃんの給餌ものんびりできます。
つまり、時間の制約があまりないので、のりちゃんの食欲にあわせて、ご飯をあげられます。この時ばかりはフリーランスに戻りたいと、思いました。

以下はメモです。

22日 S病院へ。細菌の検査の結果、やっかいな菌はいないことが判明。
有効な抗生物質も詳細にわかるが、処方はされず。
「鼻血がでているのに大丈夫なんですか?」と尋ねると、院長先生が
まことしやかに図を紙に書いてメカニズムを説明してくれた。
のりちゃんの場合、体力をつけさせるのが先決らしい。
これだけ食べさせても太れないのは、栄養分は吸収されず尿と共に出てしまうためなのに、
私にこれ以上、どうしろっていう訳?(←困っている)
貧血についても具体的な解決策の提案はなし。

帰りに、のりちゃん、キャリーの中でウンチとオシッコ。
さぞストレスなのではないかと思う。

S病院に通いつつ、腎臓に強い病院を探す必要があるかも。
(でも何でもステロイド、何でも抗生物質を投与するヤブ医者よりはまし)

23日の午後は、のりちゃんたいへんご機嫌がよろしく、
私のそばにやってきて、ゴロゴロのどを鳴らしていました。
セーターを着せても、ゴロゴロしていて嫌がる様子がありません。
セーターを着せると、ますます骨と皮がしかないのが目立ち、
異様に頭だけが大きいという、猫離れしたルックスになるけれど、
たいへん可愛らしい(←ねこばか)。
気が付けば、「あら、ワンちゃん♪「犬?と」聞かれることが多くなったけど。

また、最近、私が調理をしていると、起きてくる傾向があります。
きっと、私がキッチン→オリーブオイルの香り→自分のご飯作りということを
学んだのでしょう。
私が部屋で死んでいると、のりちゃんも全く動きません。
私が動くと、のりちゃんも動き出すという感じです。
だから、私はいつも陽気で活発でいることが必要なのかも。

25日は全体的に調子がよさそう。自力で缶詰め(純缶やカリナチュ缶)。
25日夜、迷いに迷ってステロイドと抗生物質を投与。あと3回投与したら、ステロイドは中止予定。

のりちゃんのお洋服がもう1枚、ほしい。
スポンサーサイト


コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)


    最近の記事


    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。