スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

のりちゃんの口内炎

2008年11月11日 17:56

のりちゃん、下半身がげっそり痩せてしまいました。今朝3.15キロ。
体重もナチュラルフードを食べメタボ化しているグレちゃん(3.06キロ)に追いつかれてしまいそうです。

のりちゃん、最近選り好みが出てきて、強制給餌を嫌がります。
コタツに隠れてしまいます。
コタツから引っ張り出して食べさせるのは、つらいです。特に時間のない朝。

さて、ここでのりちゃんの口内炎について、書きます。

8年位前に口内炎を発症し、2004年ごろから徐々に悪化していきました。
でも当時はあごがほんの少し汚れる程度で、今思えば、可愛いものです。
2005年には歯がなくなりました。
私は抜けてしまったのだと思っていたのですが、FORL/破歯細胞性吸収病巣(はしさいぼうせいきゅうしゅうびょうそう)によって、歯のエナメル質が溶けてしまったのです。

破歯細胞性吸収病巣とは、歯根が吸収されてしまう病気です。歯垢が付くことにより炎症が起き、そこに破歯細胞が引き寄せられ、ネコ自身の細胞が歯を溶かし始めます。虫歯と同じように激烈な痛みがあり、ものを噛むということに大きな苦痛をともなうようになります。

のりちゃん、さぞ何年も痛かっただろうに…。今も痛いと思うけど。
診察の結果、まだ根は残っているとのこと。

院長先生曰く、先日の腫瘍摘出手術のときに根も抜いてしまおうかと思ったそうですが、
それには時間が足りなかったそうです(麻酔のリスクがあるため)。
この根もいずれは溶けていくのだそうです。

最近、口が痛そうなのりちゃんですが、今は抗生剤も使っていません。ステロイドも一日おきぐらい。口腔内の細菌検査をして、細菌に合う抗生剤を処方してもらったほうが良いのかなと思います…。無駄な検査は意味がないので、もう少し詳しく説明を聞いてきます。


スポンサーサイト


コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)


    最近の記事


    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。