スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

4/4うりかんなくろしろ、抜糸

2010年04月08日 14:13

4月4日(日)、うりかんなくろしろの抜糸が完了。
三匹ともおとなしく看護師さんに抱っこされ、
かんな、くろしろ、うりの順番にステンレスの糸をパチンパチンと切ってもらいました。

今回はうりちゃんも先生から「可愛い」って言われてよかったね・笑。
かんながお腹の毛の伸びが良いようです。

不妊手術も無事終わり、飼い主は気が抜けてしまいました。

それにしてもこうした不妊手術は本当に久しぶりで、のりちゃんのお母さん猫、グレちゃん以来なので
もう10年以上も前。

グレちゃんのときは術後服を着せられ、それがけっこう可愛かったので
今回はどうかなと思っていたのですが、カラーも術後服もなく、拍子抜けでした。
ステンレスの糸で縫合され、ほとんど患部も舐めなかったのでよかったです。
私は認識不足で、主流は「溶ける糸」で縫合するものだと思っていたので、
「そうした縫合はよくない」とキッパリ否定され、びっくり。

いろいろ調べていくと、不妊手術一つでも獣医により対応が違うのですね。
1週間入院させるところもあれば、一日で帰れるところもあります。
私はやはり一泊入院が安心だと思いますね。
うりかんなくろしろの場合は、一泊入院でお迎えは夕方。
それまでは絶食だったそうです。

今回もいろいろ勉強になりました。結果的にはかかりつけ医のところで手術をしてよかったと思います。
手術の日や抜糸の日の搬送は猫宙さんにしていただけたので、とても助かりました。

今回はワンニャンタクシーにも乗ってみたし、うりちゃんが車内で一番、うるさかったです。
かんなはキャリーの中で寝ていたり、くろしろちゃんは朗らかでした。

スポンサーサイト


コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)


    最近の記事


    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。