スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

隠密同心のりちゃん、在りし日々

2009年10月08日 13:47

1007NORI.jpg
*のりちゃんは実は長毛種で大きな猫でした。6.2キロありました

nori1994.jpg
*これは生後3ヶ月くらい。可愛かったのに…

DSC05554.jpg
*こんなにシブイ猫になるなんて…


nori2815.jpg
*お決まりのごはん待ちポーズ。基本的にごはんをねだるときしか愛想がなかったです。

最期、2.2キロまでスリムになった、のりちゃんも可愛かったです。
その体もお空に返してあげました。
お骨は飼い主が一つ一つ拾いました。
お寺の方に焼いたあとに腫瘍部分とかは黒く残ると伺いました。
でも、のりちゃん、黒く残った部分はほとんどなく、心臓病による酸欠で
亡くなったのだなぁと思います。
エイズはキャリアのまま、天寿を迎えたと思われます。

2007年秋より5歳のころから悩みだった口内炎等で自力でご飯が食べられなくなり、
2008年の夏、腎不全が発覚し、その後、扁平上皮癌疑惑(手術後、良性腫瘍だったことが判明)、甲状腺機能亢進症、そして心不全と、闘病生活が続いたのりちゃん。
でも、長期にわたるステロイドをやめることができ、この1年ご飯も飼い主の介助付きでいろいろ食べられるようになりました。特に栄養管理をしてあげられたので、よかったと思います。そして、肺水腫発覚後、レンタルした酸素室は最期まで有効な器具でした。
酸素室は近日、返却します。








スポンサーサイト



最近の記事


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。