スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

のりちゃん的ヒット

2009年05月27日 13:19

今朝、いつものようにのりちゃんにご飯を食べさせ、
慌ただしい朝。

たまにはぐれちゃん孝行もしなければと思い、
先日のアニモンダ・ショップで購入してきたウェット缶を差出すと、
「あたし、こんなもの食べれないわ」という感じで一瞥しただけで無視。

まあ、缶のへこみで半額になってきたから買ってきたんだけれど。
チキン・ミルクヨーグルトソースなんか食べないよねぇ。

ふと思いついてのりちゃんに差出してみると、
すると、おおっ、食べるではないか。
しかも自ら、お皿に向って。
(※のりちゃんは2年くらい前から自力で食べれず、飼い主が食事介助をしています)
思えば、昔はブルガリアヨーグルト、よく食べてたし、
ミルクヨーグルトソースがツボだったんだろうなぁ。

チキンの塊は上手に食べれないので、「食べさせて!」という目線が。
口元にもっていくと、顔を上にあげ、口を開けます。
そこにポイっと放り込む要領です。
よく、ここまで仕込めたというか、食い意地のなせるわざなのか…。
ハグハグと一生懸命に食べている姿は、なんとなくお地蔵様の風情です。

i833371243391664.jpg

飼い主は昨日も定時退社できたので、いつもの串焼き屋さんへ。
今夜は満席で入れず。友だちを待って、本店のほうへ行った。
駅の反対側なんだけれど、こちらは足を踏み入れたことがなく、
何だかディープな雰囲気。このエリアでは有名な大衆酒場があったが
完全なオヤジの世界。ここにはおそらく踏み込んではいけない。
少し歩くと、ありました。本店。
創業40年の老舗というのか、完全に昭和の香りです。
いつも行っている店よりもカウンターに少しゆとりがあり、良い感じでした。
メニューはほとんど同じなのだけれど、生ビールがエビスじゃないのに少しがっかり。
それでもサッポロの生は飲みやすく、以前、伊東の居酒屋で飲んだビールと
同じ味がしました。
…食べ物の記憶というのは、あるとき、ふとよみがえりますね。

そんなわけで猫も食べ物の記憶というのは濃厚みたいで、
最近ののりちゃんを見ているとそう思います。
(私の食べているものは、なんでもチェックします。ずっと具合がわるかったので、
こうした行為がとてもうれしいのです)

スポンサーサイト


コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)


    最近の記事


    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。