スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

炎症が…

2009年02月10日 15:05

DSC08990.jpg

これはのりちゃんの背中です。

輸液の際の注射針のあとが、少し腫れてしまいました。

昨夜気が付き、抗生剤入りの軟膏をペタペタ。
今朝は念のため、抗生物質も飲ませました。

先日、行ったO病院に「腫れているが、輸液はやめたほうが良いか」と問い合わせました。
「化膿してなければ大丈夫。様子をみましょう。輸液はやったほうが良い、抗生物質は飲ませなくても良い」のこと。

輸液は化膿のリスクが高いのりちゃんにはやりたくない。
3ヶ月は週1回の静脈点滴をしていたのだけれど、それでは脱水は緩和されない。
輸液を毎日やらないと高リン血症とアーシドスが緩和されない。
…というわけで、今夜も恐怖の輸液にトライです。

今朝はいつもの食欲で、アズミラ半缶、ベニソン半缶。
土曜日の夜からアニモンダレーニンも食べさせていますが、
どうも少し便がゆるめになる。油脂が合わないのかもしれない。
夜の輸液は何だか腰がひけてしまって、60mlぐらいしか入れらなかった。
炎症のほうは大丈夫な感じ(油断大敵!)。

輸液後、ご飯タイムにするが食べる気があっても
食べられないのか…。

缶詰めを3種類開けても、興味は示すものの、コタツにひきこもってしまった。

1時間後、するするとでてきて、アズミラ半缶、アニモンダレーニン・豚を食べる。
ガツガツした感じはなく、酵素サプリやタウリン、コバルジンを混ぜると
不審な顔をして、控えめに拒否。
さいきん、フードに混ぜ物をしていると、嫌な視線を送ってくるのりちゃんであった。
スポンサーサイト


コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)


    最近の記事


    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。