スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

転院、そして腎臓のケア

2009年02月08日 23:23

           0208DSC08982.jpg

今朝の、のりちゃんです。

ネコ用コタツの上で、ぐっすり眠っています。

昨日、お友達が教えてくれた病院に行ってきました。
とても良さそう先生たちがいて、のりちゃんはこの病院に通うことになりそうです。

昨日は昨年10月からのデータをファイルにまとめ、これまでの経緯等を
A4用紙に記入したものを持っていきました。

血液検査等も新たに行い、T4の値は4.2(標準値1.3-3.9)。
投薬治療を行なうかはグレーゾーン。
のりちゃんのような状態の猫に治療をしたことがないということなどから
私が望めば、治療を行なうかどうかの判断するために
高度医療センターの先生を紹介していただくことになりそうです。

そんなわけでひとまず甲状腺の治療は保留に。

まずは進行している腎不全のケアを重点的に行なうことになりました。

クレアチン3.0(標準値0.8-2.4)、BUN73(標準値16-36)と数値が上昇。
リンが13.2(標準値3.1-7.45)、
血液ガス検査の結果、体がかなりの酸性(アシードシス)ということが判明。

つまり、高リン血症とアーシドシスの改善をはかるべく
先生からの指示は、療法食の徹底と毎日の輸液を行なうこと。

療法食についてはアニモンダのインテグラレーニン等を使いながら、
これまでのフードの量を調整。
k/d等の獣医師推薦のフードはのりゃん、食べないし。
しばらくは好物のお刺し身やささ身はお預けということになります。
(最近、与えすぎていたような気もする)

毎日輸液ということは、毎晩シラフでいなければならない。
面倒くさいからこの機会に禁酒しようかな…。←たぶん無理






スポンサーサイト


コメント

  1. じいや | URL | JOOJeKY6

    Re: 転院、そして腎臓のケア

    riiさん、こんばんは。
    新しい病院と相性、良さそうですね。
    何でも相談できる先生がいるときっと心強いと思います。
    T4もまずまずだったんですね。これまたよかった!
    腎臓もCreが3ならまずまず…とも思うんですが、腎性アシドーシスかもなんですね。
    輸液、毎日は大変ですが、心臓に問題がなければ脱水も緩和できるかもだし、脱水で血が濃く出ていて、それでリンが高いのかもだし、きっといい方向にいくと思います。
    毎日輸液してもOKということなら、心臓のほうも思ったよりも軽度なのかもですね。
    輸液すると、ネコもそうだと思うんですけど、飼い主も疲れますよね。
    いかにイヤがらないで済むか、励ましたり歌ったり褒めたりで、終わるとゲッソリです。
    でも!そのあとのオチャケは旨いです。
    それに毎日すると、かえって慣れるというか、イヤがらなくなるかもしれません(のりちゃんは協力的だと思いますが)。
    たまにやるから、間をあけるからイヤがるってこと、ウチのネコの場合はあります(モンちゃんなど)。
    写真ののりちゃん、やっぱりカワイイです。
    ゆっくりまったり、ゆるゆると頑張ってください~。

  2. ガラピニャーダ | URL | O0tlQuMw

    Re: 転院、そして腎臓のケア

    riiさん こんにちは!
    のりちゃん、グッスリ眠ってますね~。
    気持ち良さそう~。

    のりちゃん、k/dはお気に召さなかったのね。
    老猫会のリトルの贈り物で、
    新発売の腎不全療法食のお試しを募集してましたよ。
    http://oldcat.moo.jp/moo-top.html
    食べられる幅が広がるとのりちゃんもriiさんも嬉しいかなと思って。
    応募されてみてはどうでしょう?
    わたしもリトルの贈り物にはお世話になりました。

    毎日の輸液、おじいちゃんが書いてくれたように
    のりちゃんが慣れてくれますように。
    輸液後はのりちゃんも体が少し楽チンになるってわかってくれたら
    協力してくれるかも知れないですもんね。
    オチャケ、禁酒だなんて無理せずにボチボチがんばれ~、riiさん。

    輸液中じゃないけど、うちのコ達の大運動会中に
    「ボニちゃんがぁ駆けずり回ってぇえぇ」って吟じてると
    キョットーン?ってして大人しくなりますです。えへへ。

  3. rii | URL | azwixnxU

    Re: 転院、そして腎臓のケア

    >おじいちゃん

    コメントありがとー。

    思いっきりアシドーシスですよ。-0,15という数値です。一般的な猫は「0」なんだそうな。
    さらにこの数値を見て、先生は「他に病気があるかも。これ以上は血液検査ではわからない」ト不吉なことを言うし。
    1週間から10日様子をみましょうと言われました。2週間だとダメなのかしら?

    毎日輸液については化膿のリスクが、のりちゃんの場合、高いので避けたかったのですが、
    そういう状況じゃないらしい。
    心疾患に関して確認するのを失念してしまったけれど、腎臓にフォーカスした感じです。

    輸液、嫌がりますよー。でも、輸液をした後のお酒は上手い!

  4. rii | URL | azwixnxU

    Re: 転院、そして腎臓のケア

    >ニャダコさん

    コメントありがとー。

    新発売の腎不全療法食情報、ありがとう。実は10月にその製品のサンプルを自由が丘の病院から
    いただきました。のりちゃんは並々ならぬ関心を示したのですが、ドライを食べれないのです。
    けっきょく、グレちゃんが全部食べちゃった。買うとけっこういいお値段ですよね。

    禁酒はやめました。神経がすり減る仕事に猫介護。ほんの短い時間でも気分転換をしなければ!

    ボニちゃんとガブちゃん、可愛いですよね♪

コメントの投稿

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)


最近の記事


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。