スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

体重、最軽記録

2009年02月28日 19:08

昨日は食事の時間もとれないほど仕事が忙しく…。
でも、終電前に帰れたけれど、自宅に到着したが24時30分過ぎ。
それからのりちゃんにご飯食べさせたり、輸液をしたり…。

今週はこんな感じなので、のりちゃんのお手入れがいまひとつ。
体重も減らしてしまいました。。。

そのあと泥のように眠り、早朝から仕事して
9時半過ぎにO病院へ。

体重2.80キロ。減ってしまいました(泣)。
しかし、
血液検査の結果、腎臓の数値は前回よりよくなっていて、
カリウムもほんの少し増え、
気になるのはリンの数値のみ。

抗生剤も一旦やめて様子をみることになりました。
次の通院は2週間後。
次回はT4の検査をします。
今後の治療について先生にチラリと聞くと、
数値が上がっていなければ、甲状腺のほうは放置するとのことです。

…自然にまかせるということですね。

いま、のりちゃんは。お腹いっぱいご飯を食べて、気持ち良さそうに寝ています。

[体重、最軽記録]の続きを読む
スポンサーサイト

飼い主ナチュラルハイ

2009年02月27日 03:11

飼い主、多忙のためナチュラル・ハイに。
今日はめずらしく仕事に集中してしまい、気がついたら終電近く。
なぜこんなに集中が続いたのか、考えた。
それはきっと、15時頃食べたカツカレー。
そう、肉のパワーです。
私は普段、あまり肉は食べないため、即効パワーになるのか…。

のりちゃん、朝、アニモンダニーレンとアズミラ缶。
夜はさすがに食欲不振で、輸液100ml強で、アズミラ缶半分。

輸液時、のりちゃん、ゴロゴロいってます。
リラックスのゴロゴロなのか、逆のゴロゴロなのか。
いずれにしても21Gの針は身体にやさしいようです。
輸液のBGMは、モーツァルトがいいですね!
私はモーツァルトはあまり好きではなく、ほとんどCDも持っていません。
コンサートでたまたま聴いてよかったのを購入するくらい。
でも、それが何だか輸液のBGMにはいいんですよ!
ブラームスとかも良い感じでした。
あまり好きじゃない作曲家の曲がなぜ輸液のBGMに合うのだろう…。不思議だ。

通勤用の自転車がとうとう買い替え時がきたよう…。
中古で買って、毎日フル活用して8年。
自転車屋さんにも「そろそろ…」と言われているボロチャリ。
コンサートやバレエに行くようになってから、モノ買ってないなぁ。
あとはのりちゃんがらみでお金が消えていく。

いま欲しいもの。ipod、デジカメ、自転車…。
ケータイもそろそろ、かなりヤバイ。あまりに古くて取引先の若者といるときは
ぜったいにそのケータイを見せてはいけないという感じだ。
私は電話が嫌いなのでどうでもいいんだけど。

しかし、最近スカイプというサービスを通じて、インターネット経由で
PCでダイレクトに話せるのはあまり嫌いではない。
いろいろ進化していて楽しいなぁ。
スカイプを通じてお話できる方いらっしゃったら、IDを教えてください。

[飼い主ナチュラルハイ]の続きを読む

飼い主疲労困憊

2009年02月25日 23:55

飼い主、何だかワケのわからぬ仕事に巻き込まれ、消耗しております。
本日は一日中打ち合わせで外出。

朝も早かったので、食欲減退気味ののりちゃんにアズミラ缶は半分弱、
食べさせるのがやっと…。

22時ごろ帰ってきてみると、吐いたあとが。胃の内容物は玄米のみ。
水とともに空腹吐きをしたのかも。

アニモンダを与えてみるが、口が痛いのかすぐに水を飲みに行ってしまう。
輸液を決行。ゆっくり時間をかけて150miぐらい入れる。
最後のほうでは気持ち良さそうでした。

その後、アズミラを半分弱、アニモンダ少々。
コタツにひきこもってしまった。。。

飼い主はカニクリームコロッケとともにビールを飲み、気分転換。
今日は持ち帰りの仕事がないのでうれしい。

食欲のムラ

2009年02月24日 23:51

朝はカリナチュチキン缶、半分
夜はアニモンダニーレン一個

なんだか、のりちゃんの食欲がいまひとつ。
口が痛いようだ。
カロリーにすれば185カロリー弱。
これがフツーの猫の食べる量なんだろうか…。

輸液120ml

飼い主は持ち帰りの仕事を徹夜で…という予定だったが、寝てしまった。ひぇ~。
次に起きたのは5時くらい。
のりちゃんが元気にごはん待ち。アズミラを一缶食べる。
次には8時過ぎにカリナチュ・チキン缶を半分くらい食べる。
食欲復活。

飼い主は会社に行く通勤時間も惜しく、自宅にて作業を続けることに。

のりちゃんは気持ち良さそうに夕方まで寝ていた。

夜 アズミラフィッシュ缶 

仕事は泥沼。予想外の修正…。集中力がとぎれているから時間もかかるし、
出来も最低。疲れ切って集中できず、輸液もたくさん失敗。
50mlくらいしか入れられなかった。

惰眠の日曜日

2009年02月22日 21:52

日曜日は飼い主、朝寝坊の日。
だいたいいつもの時間に目が覚めるのだが、惰眠をむざぼる。
これがちいさなしあわせなのである。

しかし、お腹を空かしたのりちゃんは放ってくれない。
「のりちゃんも、もう少し寝てれば」と放置していると、
何やら気配が…。

のりちゃんが昨日の残りのアニモンダを自力で食べている!

ボジータをお皿に入れると、ハグハグ食べてくれる。

ここ1年以上、ずっと食事介助をしてきたから、
のりちゃんが自らお皿に向かって食べているのって感動的だなー。

その後、「まだ何かつまみたい」とじっと顔をみるので、
昨夜の残りのウェットを食べさせてあげた。
私が覚醒すると、自ら食べるのをやめる猫である。

お腹がいっぱいになるとグッスリ眠り、
夕ご飯はアズミラチキン缶をペロリ。

輸液は約120ml。
大人しく、輸液を受け入れてくれるので助かった。
でも、21Gの針だと時間がかかるね。

ブラボー!

2009年02月21日 23:55

土曜日はのりちゃん、通院の日。

早朝からのりちゃんはごはん待機をしていたが。
血液検査をするかもしれないので、あげられない。
朝一番でO病院へ。

体重2.94キロ。
先週より体重が増えている。私が「昨夜、輸液をしたせいでしょう」と
先生に言うと、「そんなことはない」とキッパリ。
だって夕方になると輸液の分だけ、キッチリ体重が減っているもの。

全身状態のチェックをしてもらい、
抗生物質が効いているようなので、もう1週間続けることに。
先週より元気そうだと、先生。
今日は血液検査なし。

輸液の指導もしてもらった。
18Gの針は太いので大きな穴が開いてしまうので、
皮膚がうすく弱いのりちゃんには
おすすめできないとのこと。
そして、とどめの一言「18Gの針はフツー犬にも使いませんよ」。
が~ん。
輸液ひとつとっても、病院によってさまざまである。ふぅ。

今日は女性の先生はいなかった。

駅前になつかしい感じの素朴なサンドイッチスタンドがあり、
コーヒーを飲んだら美味しかった。
手作りサンドイッチも美味しそうな予感がしてテイクアウト。
パンは少々パサパサしていたが、期待どおりだった。
通院の楽しみができた♪

以前通っていた病院の近くの建物が遠くにみえる。
今度の病院は私が安心できる。のりちゃんも慣れてきたみたい。
転院して良かった…と、しみじみ思った。

午後からはティアラ江東へ。ヴァイオリニストの小野明子さんのリサイタル。
場所を間違えてしまい、一瞬焦ったが、タクシーをつかまえてギリギリ間に合う。
このホールは初めてだったけれど、座る場所によって音が良くないのかな?
ダイレクトに音がきこえてこないような気がした。
最初は今日はバイオリンが違うのかなと思った。

後半は江東区の合唱団とジュニアオーケストラとの共演もあり、
楽しめた。子どもたちの演奏は初々しく、
合唱団の中にメチヤクチャ上手い女の子がいて、あとできけば
大学生も混じっていたらしい。

小野さんのバイオリンが聞けてうれしかったし、
全体的に「ブラボー」な演奏会だった!!
[ブラボー!]の続きを読む

本日の爆笑

2009年02月21日 11:34

e+より、メルマガ内容のお詫び&訂正メールがきた。

この間違いはスゴイ(笑)。
viviガールズイベントが「能」の世界だよ。


> ×【誤】
>
> ◆MTV Style ViVi Night ~Super Girls Party~
> ライトアップされた満開の夜桜のもと、この舞台で舞われるのは、卯月の頃にふさわ
> しいあでやかな演目。宝生流、観世流、重要無形文化財保持者から当代きっての狂言
> 師までが揃う、贅沢な顔見世薪能(たきぎのう)を存分にお楽しみ下さい。
>
>
> ○【正】
>
> ◆MTV Style ViVi Night ~Super Girls Party~
> 超HOTなEVENT開催。
> 音楽エンタテインメントチャンネルMTVとファッション誌ViViが贈る
> 夢のコラボレーションイベントが決定!MTVオススメアーティストとViViモデル
> 達が勢ぞろいする音楽とファッションが融合したガールズイベント。これは見逃せません!

私もとある施設のメルマガ配信しているので、誤配信した人の心情は察してしまうけれど、
これは笑ってしまいました。

我が家の王子様

2009年02月19日 18:41

昨日は早退することができず、ハンブルグバレエ「椿姫」をあきらめる。
まぁ、チケット買っていなかったし、懐も寒いので、しょうがないというべきか。
次回の来日に期待することにしよう。

さて、我が家の王子さま、のりちゃん。

2月18日(水)

朝 ベニソン缶半分 
夜 アニモンダニーレン1個、ロイヤルカニャン腎臓サポート1個

輸液150ml 21Gの針で上手く輸液ができず2回失敗…。18Gで入れてみる。

2月19日(木)

昨夜が腎臓サポートというのか、低タンパク食・低リン食だから、
お腹がすぐすいてしまうみたい。
朝4時に目を覚ましたら、ご飯待ちしていたが、6時30分まで寝せてもらう。
被毛への舐め癖が始まったようなので、すごく気になる。

朝 アズミラチキン缶 1缶
夜 アニモンダニーレン、BOZITA

輸液 100mi弱

            cat-03.jpg

今日のヒット。サンプルでもらったBOZITA。
スウェーデンの無添加フードである。
あまりに、のりちゃんの食いつきがよくびっくり。
試しにお皿に出してみたら、なんとお皿から食べていた!(通常はお皿から食べない)
よほど美味しかったらしく、ご機嫌な様子。
そのあとの輸液でテンションが落ちてしまった、のりちゃんである。






体重計の精度

2009年02月18日 14:09

のりちゃんの体重を計るのが長年の日課である。

去年の11月まではのりちゃんを抱っこして体重計に乗り、
そのあと自分の体重を差し引いていた。

どうも誤差というか、たまに体重計(正しくは体組成計)が暴走したりして、
何度も計ることになり、イライラした。

そこで手に入れたのはペット用の体重計。

これがまた性能が低いというのか、定価1万5000円(半額で買ったけれど)の
働きをしていないというか。。。

どうも今ひとつ。

今朝ののりちゃんは3.00キロ(朝食後)。
これがホントなら体重が増えていてうれしいんだけど。
確認のため、人間の体重計でも確認したら3.1キロ弱な感じ。

昨日の輸液は100ミリ弱、今朝の朝食は80gぐらい。
なんとか太らないかなぁと思うが、治療していないので無理なのかも。。。

飼い主は昨夜、仕事が忙しく、猫たちのお世話が十分にできず凹む。
時間が足りない。ついイライラしたり、雑にもなってしまう。
のりちゃんは特に敏感な猫だから、申し訳ない気持ちでいっぱいです。
グレちゃんは根にもたないので、ラクなんだけど。

2月17日
朝 カリナチュチキン缶半分 アニモンダニーレン
夜 2回ほど、空腹吐き。カリナチュ/ベニソン缶半分 あまり食欲がない
口が痛むのか、フードを口からポロポロ落とす。

我が家の王女様

2009年02月16日 23:59

           GUREDSC08935.jpg

日曜日のバレエがあまりに素晴らしすぎて、なかなか現実にもどれません。

人魚姫。我が家の王女はグレちゃん。
グレちゃんのお母さん猫ミニーは、兄弟ともども小川のほとりに捨てられていたそうです。
その子たちを私の姪が拾ってきて、やがてグレちゃんが産まれました。
姉の家から新幹線に乗って我が家に。
のりちゃんの妹分になりました。

グレちゃんとはよく遊びます。
昨日はグレちゃんに「グレちゃんも人魚姫になってみる? 尾ひれつけてさ。
でもグレちゃんなら猫魚姫になるのか、うーん」という感じです。

振付師のバランシンは猫にバレエを仕込んだと聞きますが、
我が家では、踊りのポーズさせるくらいかなぁ。

2月16日の、のりちゃんの食事内容
■朝 アズミラ半缶
■夜 アニモンダニーレン、カリナチュチキン缶半分

輸液100ml  

のりちゃんと人魚姫

2009年02月16日 18:06

2月15日(日)

のりちゃんの食事記録

■朝 アニモンダレーニン 1個
その後、試しにk/dの缶を試しに開けてると、
なんと、のりちゃんが夢中で食べれるではないか…。
ぐれちゃんも興味津々。びっくり。

以前は食べなかったのに。
とあるメーカーは、あまり体に良くない成分が入っているので、
避けていたのだけれど。
食いつきのよくするために、何か入っているんだろうな。

■夜
アズミラ半缶

輸液150ml弱

飼い主は夕方からNHKホールでバレエ「人魚姫」を鑑賞。
ハンブルグ・バレエ全幕は初めて。
ノイマイヤーがアンデルセンの童話「人魚姫」をモチーフに振り付けたもの。
アンデルセンはバイセクシャルで、原作の人魚姫に自己の姿を投影しているのだとか。
なんとなく全体的にヴィスコンティの映画を彷彿させる世界観を感じた。
王子を愛して、人間になっても報われぬ愛。
王子が人魚姫の顎を拳でポンっと叩くシーンが何回かあるのだけれど、
それがすごく悲しかった。
人魚姫を演じたアッツオーニが素晴らしかった。
1階席10列目で見た甲斐があったというもの。

「椿姫」も見たいけれど、まず無理だろうな。
リアブコ、見たかったのに(人魚姫の王子役だと思っていた)。



通院

2009年02月14日 23:56

2月14日

朝方からのりちゃん、ご飯待ち。
8時過ぎにアニモンダレーニン・ポークをペロリと食べるが、
低リン、低タンパクのものだから、物足りないらしい。
口の端が切れているので、傷にも良いというルミンAを粉末にし、
塗ってみた。

私が服用するとまったりと眠くなるが、
のりちゃんは元気になるのか、延々と目力でご飯の催促。
私が移動すれば、のりちゃんもトコトコついてくる。

夕方から病院で、血液検査をするため、ご飯はあげられない。
ソフトにシカトするのが大変だった。

夕方からO動物病院へ。めちゃくちゃ今日は暑くてびっくり。
診察時間の10分ぐらい前に到着したが、すぐに診てくれた。う、うれしい。

輸液あとの炎症は心配なし。

血液ガス検査の結果、前回-15.4が今日は-2.9とほぼ正常値近くに。
毎日の輸液のかいあり、酸性が緩和された。

BUN 76→57(正常値16-36)
CRE 3.0→2.6(正常値0.8-2.4)
リン13.2→10.3(正常値3.1-7.5)

先週の課題はクリアに。

ただ気になるのは貧血の値がHCT24.8→22.8(正常値24.0-45.0)
のりちゃんの貧血はFIVによるものではないかとのこと。

よだれが気になるので、抗生物質を1週間与えることに。

ルミンAやササヘルスについて聞いてみると、
「臨床データがないので何ともいえない」という回答。
それはそうだ。

輸液パックを購入。針はこれまで18Gを使っていたが、
太すぎるということで21Gを買ってきた。
21Gでトライしたら、むずかしいのってなんのって。2~3回も失敗してしまい、
結局18Gで200ml強、入れる。
…ヘタクソでごめんなさい。

夜はアズミラ・チキン缶を1缶を2回にわけて食べる。

2/12-2/13

2009年02月13日 17:39

朝 アズミラ一缶

夜 ルミンA 1/4を飲ませる。水を少しゲボゲボ。

私がみそ汁をつくっていると、のりちゃんもぐれちゃんも油揚げに反応。
2匹して料理をしている足元まで来て、なんだかおかしかった。

ご飯の前に、100mlくらい輸液。
のりちゃん、嫌がる。針が抜けそうになってあぶないのでつい叱ってしまう。
その後、アニモンダをほんの少し食べるが、コタツにひきこもってしまう。
いつもならしばらく時間が経つと、ごはんを食べるのだが、
私もそのまま寝てしまった。

次に起きたのが4時過ぎ。たいてい、のりちゃんがご飯の催促をするのだけれど、
冷えたのか、猫用のコタツに入ってしまった。
観察すると、よく寝ている。

翌日の朝はアズミラ・チキン缶を半分。
急に少食になってしまい、何だか不安。

朝方、ルミンAを私も飲んでみたが、また寝てしまったので、変化は感じられず。
ネットでくぐると、眠くなる人が多いらしい。
確かに今日は眠い。

[2/12-2/13]の続きを読む

2/11 建国記念日、そして回想

2009年02月12日 12:46

2/11 建国記念日、そして回想

週の半ばが祝日なのはたいへんうれしい。
焼き菓子「クロのフン」とコーヒーで、至福の読書タイム。
久々にとある本を読み返した。初版が15年前。
本を読んでいるうちに昔のことを思い出してしまった。

当時、住んでいたアパートはペット飼育禁止だったが、
親子の猫二匹がいつも遊びにきていた。

その二匹は、のりちゃんのお祖母さん猫(シャムちゃん)と
お母さん猫(ニャーちゃん)にあたる。

のりちゃんはまだこの世に存在していなかった。

その本を読んでいると、シャムちゃんがベランダから入ってきて、
マーキングのつもりか、我慢できなかったのか、布団の上にオシッコをした。
でも、匂いがほとんどしなかった。
今思えば、腎臓がわるかったのかもしれない。

その翌年の春、ニャーちゃんは私の部屋で、のりちゃんを出産。
全部で3匹産まれたが、2匹は死産で、のりちゃんだけが生き残った。
そんなエピソードを持つのりちゃんは、産まれたときから強運なのである。

          S-DSC08978.jpg

■2月11日の様子
・朝 フィッシュ缶半分 アズミラ缶半分
・おやつ キドナ少々(お皿から自分で飲んだ!)
・夜 フィッシュ缶半分、アニモンダレーニン(ターキー)一缶
新しく発売となったターキーは、かなりお気に召したよう。

輸液150ml  腰から入れてみた。加圧パックを使うとやはり便利。

友人がルミンAとササヘルス、焼き菓子「クロのフン」を届けてくれる。感謝。
おっかなびっくり、ルミンAを1/4錠飲ませてみた。





「クロのフン」というお菓子

2009年02月11日 13:28

            sh-kurofun1chokod.jpg

昨夜、大ハズレのドーナツというネガティブな記事を書いてしまったから、
今日は「クロのフン」というお菓子について書きます。

このお菓子は近所に住む奇才のアーティスト、nekocyuさん(♀)によるもの。
ネーミングと形状はかなり怪しいけれど、おいしいお菓子です。
ビスコッティ専門のお菓子屋さん「ココユタ」さんの手づくり。

キャッチフレーズは「笑って口からウンを取り込み、開運しましょう!」。

さらにスゴイのは、仲間うちで趣味でやっているわけでなく、
ちゃんと保健所の許可をとり、このたびネットショップまで開いてしまったのです。

チョコレートのほか、アーモンドもあります。
私はチョコレートが好きかな…。

売上げの一部は猫保護活動の資金になるそうです。

●「猫宙雑貨天」オンラインショップはこちら
http://8023.teacup.com/nekocyu/shop

●nekocyuさんのHP「猫宙」はこちら
http://ameblo.jp/nekocyu

★のりちゃんからプレゼントキャンペーン★
のりちゃんから日頃の感謝を込めて、プレゼントキャンペーン。
いつも応援してくださる方に「クロのフン」をプレゼント!!
当選者の方にはメールにてご連絡いたします。



ドーナツ

2009年02月11日 01:16

並んでまでドーナツが食べたいのか、といつも行列を横目に悪態ついていたものの、
とうとう並んでしまった。

実はドーナツが好きなのである。

待ち時間25分。
人気の一つには、並んでいると試食用ドーナツが配られること。
この日、配られたのは砂糖たっぷりのシュガードーナツ。

一口食べて、並んだことを後悔。

甘すぎる、油っぽすぎる。大ざっぱなアメリカの味。
これを平気で食べる日本人の味覚はどうしてしまったのか。

しかし、一旦並んでしまえば、抜けることが許されない。
しかも試食用ドーナツは食べてしまった。
そして、一個だけでは買いにくい雰囲気。

仕方なくプレーンのドーナツを2個購入したが、
これまで食べたドーナツの中ではワーストに輝いた。

時間とお金の浪費を悔やむのであった。


炎症が…

2009年02月10日 15:05

DSC08990.jpg

これはのりちゃんの背中です。

輸液の際の注射針のあとが、少し腫れてしまいました。

昨夜気が付き、抗生剤入りの軟膏をペタペタ。
今朝は念のため、抗生物質も飲ませました。

先日、行ったO病院に「腫れているが、輸液はやめたほうが良いか」と問い合わせました。
「化膿してなければ大丈夫。様子をみましょう。輸液はやったほうが良い、抗生物質は飲ませなくても良い」のこと。

輸液は化膿のリスクが高いのりちゃんにはやりたくない。
3ヶ月は週1回の静脈点滴をしていたのだけれど、それでは脱水は緩和されない。
輸液を毎日やらないと高リン血症とアーシドスが緩和されない。
…というわけで、今夜も恐怖の輸液にトライです。

今朝はいつもの食欲で、アズミラ半缶、ベニソン半缶。
土曜日の夜からアニモンダレーニンも食べさせていますが、
どうも少し便がゆるめになる。油脂が合わないのかもしれない。
[炎症が…]の続きを読む

転院、そして腎臓のケア

2009年02月08日 23:23

           0208DSC08982.jpg

今朝の、のりちゃんです。

ネコ用コタツの上で、ぐっすり眠っています。

昨日、お友達が教えてくれた病院に行ってきました。
とても良さそう先生たちがいて、のりちゃんはこの病院に通うことになりそうです。

昨日は昨年10月からのデータをファイルにまとめ、これまでの経緯等を
A4用紙に記入したものを持っていきました。

血液検査等も新たに行い、T4の値は4.2(標準値1.3-3.9)。
投薬治療を行なうかはグレーゾーン。
のりちゃんのような状態の猫に治療をしたことがないということなどから
私が望めば、治療を行なうかどうかの判断するために
高度医療センターの先生を紹介していただくことになりそうです。

そんなわけでひとまず甲状腺の治療は保留に。

まずは進行している腎不全のケアを重点的に行なうことになりました。

クレアチン3.0(標準値0.8-2.4)、BUN73(標準値16-36)と数値が上昇。
リンが13.2(標準値3.1-7.45)、
血液ガス検査の結果、体がかなりの酸性(アシードシス)ということが判明。

つまり、高リン血症とアーシドシスの改善をはかるべく
先生からの指示は、療法食の徹底と毎日の輸液を行なうこと。

療法食についてはアニモンダのインテグラレーニン等を使いながら、
これまでのフードの量を調整。
k/d等の獣医師推薦のフードはのりゃん、食べないし。
しばらくは好物のお刺し身やささ身はお預けということになります。
(最近、与えすぎていたような気もする)

毎日輸液ということは、毎晩シラフでいなければならない。
面倒くさいからこの機会に禁酒しようかな…。←たぶん無理






食欲大魔神

2009年02月05日 23:40

2月4日 
立春ののりちゃんは、一日中穏やかで
食欲もフツー。朝・昼でカリナチュ/チキン缶1缶

夜、ゲボッと吐く。内容物は玄米のみ。
本当に穀物は最後の最後まで消化しないらしい。
その後、ケロリとアズミラ・チキン缶を半分食べる。

2月5日

朝方、のりちゃんがゲボゲボ。
朝食のベニソン缶に反応するが、少し食べてコタツに引きこもってしまう。
仕事に出かけなければいけないので、ウェットをお皿に出して置き餌をする。
魚肉ソーセージにも激しく反応していた…。

今日は久々に資料探しに新宿へ。新宿に着いたのは18時30分頃。。
お目当ての書籍を買い、医学コーナーへ。
獣医学の本はどこだと探すと、専門書コーナーがありました。
「小動物の輸液療法」なんて分厚い本があり、値段をみると38,000円。
これはいくら読みたくても手が出ないわ…。

そういえば、「小動物の臨床栄養学」も25,000円もして、
去年の秋に買おうかどうか迷っていたのだけれど、
栄養学どころじゃない事態が発生し、断念したんだっけ。

「獣医さん、たくさん勉強してくださいっ!!」と思わずにはいられません。

のりちゃんが心配だったので、新宿B級グルメ(ベルグやゲウチャイなど)の
野望を捨て、さっさと帰宅。

予想どおり、のりちゃんがお腹を空かして待っていました!

ヨダレなどで顔が汚れているので、拭こうとすると、
「そんなことより、メシ! メシ!」と鬼気迫る形相の、のりちゃん。
食べ方もガツガツとすごいんだよ~。
アズミラ・チキン缶、ほぼ1缶を凄いスピードでたいらげました。
うーむ。恐るべし、甲状腺機能亢進。
満足すると、寝てしまいました。。。

あと1時間以上は輸液できません。トホホ


[食欲大魔神]の続きを読む

恵方巻きの日

2009年02月03日 23:20

今日は節分。私の頭の中で恵方巻きの日と認識している。
節分というのは、正月より大事な行事なんじゃなかろうか。
豆まいて、柊飾って、邪気を追い出す。
私の家なら「病魔退散」がテーマ。

さて、そんな節分の朝。
朝4時。ふと目を覚ますと、のりちゃんのご飯待ち。
夜の残りのベニソン缶を与える。
ぐれちゃんがゲボケボ、カリカリを吐いている。
未消化のものがそのまま出ていたようなので、脂肪分の少ないフードを変更してみる。

朝8時30分 のりちゃん、アズミラ・チキン缶をペロリ。
ガツガツしている感じでもないし、お腹もキュルキュル鳴っていない。
コバルジンもタウリンを混ぜても平気で食べる。
消化酵素とユッカを混ぜたものは、匂いがするらしく
「これ、のりちゃん、嫌いだな」という顔をする。

夜。本日は輸液の日。
のりちゃんに「ごはんにする? 輸液にする?」と尋ねるが、返答はない。
輸液後、ごはんタイムにした。
200ミリ弱入れて、輸液後体重3.12キロ。
それからお刺し身特盛り(ホタテ、マグロ、アジ、ブリを食べる、のりちゃんであった。
輸液の違和感や不快感にもようやく慣れてくれたみたい。

飼い主はといえば、不満は恵方巻き。ランチに恵方巻きを食べたけれど、
夜も食べようと思ったのに、売り切れ。
恵方巻きと日本酒と共に食べるのが好きなのです。
昼間、夜の分も買っておけばよかった。


2/2  覚書

2009年02月02日 22:28

2/2

3:30 ベニソン缶半分

朝 体重 3.01キロ

8:00   アズミラ缶半分

夜  体重 2.9弱
21:15 ベニソン缶半分

■亢進状況
ふつう。朝の残りのアズミラを拒否。
開けたての缶詰めしか食べない。


ぐれちゃんが朝方、ゲボゲボ吐いていた。
水を飲む姿も見かけるようになったし、
顔つきも何だかキツくなった。
ほとんど獣医さんにかかったことがないので心配。
近いうちに健康診断として血液検査をしてもらおう。

飼い主は輸液の日ではないので、リラックス。
久々にキルケニーにワイン。
少し気持ちに余裕がでてきて、バレエ「レダと白鳥」の楽譜を手に入れた。
(正確にはバッハの「アリオーソ」~カンタータ第156番より~)

新しいセーター

2009年02月01日 22:06

                                                     0201nori.jpg

雪の結晶柄が気に入って、新しいセーターを買って着せてみたものの、いまひとつ似合いません…。
黄色にすればよかったかな…。

サイズはSD(犬用)。少し小さいみたい。

■のりちゃんの食事記録
朝方 5:00 アズミラ缶を約半分  すぐにリバース。
その後、カリナチュチキン缶を半分。
口が痛むようなので、久々にユッカを与える

20:00 ベニソン缶  半分  体重2.90キロ

22:40 皮下輸液150ml弱
今日は大人しく、スムーズに輸液ができた。
輸液後、3.1キロ 

■亢進状態
穏やか  いつもより食欲なし   

■飼い主
バイオリンレッスン後、文京シビックホールへ。
どうしてもブルッフの協奏曲が聴きたくて当日券で行こうかどうか、悶々としてところ
友人が行けなくなってチケットを譲っていただいた。
地味だったけれど、クオリティの高い、いい演奏会でした。


最近の記事


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。