スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

猫ばなれしたルックス

2008年10月31日 13:16

                P252iS0071434538.jpg
                 腹へった、腹へった

今朝の、のりちゃん。朝、私を起こしに来たところをケータイでパチリ。
昔に比べてスリムになり、もとから猫ばなれしたルックスに磨きがかかりました。

以前、一緒に散歩して、犬と間違われたこともあります。
スポンサーサイト

初乳(コロストラム)を試してみた

2008年10月30日 16:32

初乳(コロストラム)が届いたので、昨夜、のりちゃんにお湯で溶いて与えてみた。
すると、すぐにリバース!! 濃すぎたのか、なんとも不明。
パウダータイプなので、ヤギミルクの代わりとして、
免疫強化に良いかなと思ったのだけれど。

のりちゃんに適さなかったら、私が飲むか…。

お湯でといて、ビタミンCやフラクトオリゴ糖入れて飲んだら、なかなかイケたよ。

昨日は昼は肉豆腐弁当、夜はすき焼き丼、仕上げは限定ビール琥珀エビスを飲んで、
ありえないほど早い時間に寝たのだけれど、風邪がぬけない。
以前、ビール3~4杯飲んで爆睡したら、嘘のように直っていたことがあった。
やはり、飲みが足りなかったのか…。

寒くなってきた

2008年10月29日 17:33

寒くなってきましたね。
今朝、珍しくのりちゃんが布団の中に潜り込んできました。
寒さ対策をしなければ…と思うのでした。

猫コタツを2台購入しようかなと目論んだのですが、
なんと中国製。食品じゃないとはいえ、やはり考えてしまいますね。

私といえば、肋がシクシク痛みます。
今年3月に骨折した肋骨のあたりが風にあたると痛む。
おまけに昨夜はTシャツのまま、ラグの上で寝てしまい、
風邪をひいてしまいました。のどが痛い。
飲みに行けば直るかにゃー。

良いことがひとつだけ。故障していたipodが復活。
調子が悪くなってからだましだまし使って約1年。もう少し頑張ってほしい。
♪WHAT BECOMES OF THE BROKENHEARTED

のりちゃんと秋鮭

2008年10月28日 10:29

その後の、のりちゃんの給餌状況について記録しておく。

10/24 自力でイノーバRFを食べる
10/25 食欲はあるが自力で食べず、介助+シリンジ(薬+サプリを飲ませるため)
10/26 食欲はあるが自力で食べず、介助+シリンジ(薬+サプリを飲ませるため)

そして昨夜。久々にアニモンダの腎臓サポート(ウェット)を出してみたところ、
一口食べて、水を飲みに行ってしまった。
口の中に違和感があるのかもしれないが、おそらく選り好みの感もある。
アニモンダ一缶、300円以上するのに…(涙)。
私の晩飯はスーパーで半額で買ったハンバーク弁当(定価450円)。
のりちゃんのほうがエンゲル係数は高いかも。

のりちゃんといえば、スーパーで買ってきた秋鮭パックに釘付け。
生鮭で塩分控えめだったので(カリナチュのオーシャンフィッシュ缶よりしょっぱくなかった)、オリーブオイルで焼いて与える。

久々のフレッシュな焼き魚で、のりちゃんの食い気は凄まじい(口の中は痛くないのか?)。好きなものや美味しいものは、このように夢中になって食べるのだ。
この子は腎臓さえ悪くなかったら、好きなものをたくさん食べさせて
良の猫生を過ごしてもらうことができるのに…と思って悲しくなった。
食後はシリンジにてお薬とサプリ入りの、のりちゃんspecial。活性炭は多めに与えた。

翌朝ものりちゃんは絶好調で6時頃、「腹が減った」と催促。
一晩、室内に放置しておいたアニモンダを食べてくれた。
いい子、いい子♪



のりちゃんミステリー(FIV,FeLVの謎)

2008年10月27日 14:52

先週、金曜日、のりちゃんの診察のあと、自宅に帰り、約2時間爆睡した。
私を爆睡するほど疲れさせたものは、
「のりちゃんは猫エイズ(FIV)+ではなくて、白血病(FeLV)+だった」という事実である。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
のりちゃん、ぐれちゃんは約5年間、葛飾区で暮らしていました。
当時のかかりつけのT病院に電話をして確認しました。

●1999年秋 のりちゃん、野良猫とケンカをして負傷。ウィルス感染している可能性があるので、検査をしたところ、白血病-。「感染してませんように」と身代わり地蔵に(縄でぐるぐる巻きにされているため、SM地蔵ともいう)お参りまで行き、検査の結果、シロとわかったときは大いに喜びました。
●その後、白血病ワクチン接種
●2001年3月 のりちゃんがご飯を全く食べなくなり、検査した結果、エイズ+
●2001年 ぐれちゃんもウィルス検査の結果、エイズ、白血病共に-

●2001年5月 のりぐれ引っ越し、現在の住居へ。その後、完全室内飼い。

応対してくれたT病院の医師によると、

のりちゃんが今、白血病ウィルスを保有していることに関して、
1.約7年間の間にウィルス保有の猫と接触がなかったか(これが1番有力)
2.飼い主がウィルス保有の猫を触り、のりちゃんに移った可能性(確立は低い)
3.今回の検査の間違い(S病院は血液は専門分野でもあるので、その確立も低い)
また、のりちゃんがエイズ-については、陰性になったと考えられる。
しかし、そういう事例は扱ったことがない。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

のりちゃんは、現在の家でたまにベランダから逃亡してもすぐに帰ってきたし、他の猫と接触した可能性は低い。長く外に出ていたのは窓を割られて泥棒に入られた4~5時間だけ(推定)。
白血病ワクチンも絶対効くものではないらしいので、もしかしたら、エイズ、白血病共に+だったということも考えられる。

検査結果がどうであれ、のりちゃんへのケアは変わらないのだけれど、
う~ん、なんとも気持ちがわるい。
単なるカルテへの記載間違いだったりして…。

11月以降、西洋医学+東洋医学の病院に2匹を連れて行き、検査をしたいような気がします。







フリマ手伝い

2008年10月26日 23:08

前日、飲んだくれていて、自宅に帰り、気が付くと朝5時だった。
日曜日は休養日 (二日酔い予備日)の予定だったが、なぜか、フリマのお手伝いに行くことに。

場所は世田谷区のとある中学校。
10時頃到着し、15時過ぎに撤収。
フリマでは切手シートや、古着(コスプレ風衣装)、毛糸などが売れた。
古い切手というのは感慨深く、一歩間違っていたら私も切手収集家になっていたと思う。
結局、自分が欲しかった屏風仕立ての切手シートも、お客さんに売りつけてしまった。

雨がポツポツ降ってきたり、あやしい空模様だったけれど、なんとか天気はもってくれた。
グランドでは吹奏楽やら和太鼓の演奏が繰り広げられ、これらを聞いているのが苦痛だった。耳障りな音というのは本当に困る。

帰りは久々に河原に立ち寄り、シロママとズーズーの元気な姿を見た。
その後、Oさんと焼鳥屋に行き、ギネスを飲む。
なかなか良い店だった。
次回は、Oさんがオーダーしていた、ワイン1合400円を頼んでみよう。

芋煮会

2008年10月25日 23:44

10月25日(土)

バイオリンのレッスンのあと、佃公園へ。
友人主催、毎年恒例の「芋煮会」に参加してきました。
参加者、私を入れて17名ほど。
初対面の人、4名(30代前半の夫婦2組)。

メニューは焼き肉、豚汁、ツナサラダ、トルティージャなどなど。
ワインと共にいただきました。

会場は隅田川沿いで、時折、遊覧船が通ります。
遊覧船に向かって手を振るのが酔っ払いのお約束。
去年に続き、乳母車に猫2匹のせ、散歩している、全く表情のない老婦人を目撃。

日が落ちるのは本当に早くて、二次会は月島の友人宅。
ここでも、ひたすら食べて飲む。
料理の達人による「リゾット」が登場。米の固さが絶妙で、まるでリストランテの味わい。
つくり方を教わったから今度家でもつくってみよう。

この日はつぶれてはいけないので、かなりセーブして飲む。
(たいていは飲みすぎて、泊めてもらうことになる)
水を飲みながら、お酒を飲むと二日酔いにならないみたいだ。

この日はワイン10リットルと、ボトル2本が空になりました。

のりちゃん、お皿から食べる

2008年10月24日 22:49

本日、S病院に行ってきました。
病理検査の結果、摘出した腫瘍は、悪性腫瘍ではなかったこと、
猫エイズ+ではなく、白血病+であったこと(…信じられない)、
白血病は発症していないこと、
口内炎は実は直っていたなど、
喜ばしいことと、ショッキングな事実がわかり…詳しくは後でゆっくり書きます。

それよりも今日の晩ごはん。
のりちゃんがお皿からイノーバRF缶を半分以上、食べました。
この姿を見るのは、一年ぶり。
感慨深いもがありました♪

手術から1週間

2008年10月22日 19:57

のりちゃん、手術から1週間です。
今朝は「ごはんちょうだい」と、寝ている私の上に乗っかってきました。
めずらしい行動だなぁ…。

次回、S病院には金曜日に行くことになりました。

http://www.denentoshi.com/doctor/df/12553/

呪医から処方されている薬(ステロイド、抗生剤)について尋ねると、
与えなくてよいそうです。

深夜のアズミラ

2008年10月21日 14:47

タクシーで帰宅すると、3時を過ぎていた。
猫たちはといえば…。しっかりと飢えていた。

最近の給餌スタイルは、まず新聞紙を敷く。
そうすると、わらわらとのりぐれが集まってくる。
そして、缶詰めを開ける。
深夜のごはんタイムだ。

以前、大きな陸亀を飼っている友人宅に遊びに行ったことがある。
やはり、新聞紙を広げると、亀がのろのろやってきた。
新聞を広げる=ごはん、というのがインプットされているのだろう。

朝、のりちゃんが強力なご飯のプッシュ。私の寝ているベッドに駆け上がり、
催促をする。深夜のごはんから4~5時間くらいしかたっていないのに…。
結局、アズミラ1缶、ほとんど食べてしまった。
とりあえず、食欲があることはいいことだと、しておこう。

入稿日

2008年10月20日 21:42

入稿日というのは、ほとほと神経がマイる。
昨夜も思いっきり体調が悪く、のりちゃんのサプリ(ビタミンC,酵素サプリ等)で復活。

もう22時近いのに修正が終わらない。デザイナーから修正があがってきたら、
16P全チェック。それから入稿なので、終電に間に合うのだろうか。

そんなワケで、今朝は眠りほうけているのりちゃんを無理やり起こし、ご飯を食べさせてきた。本当は自分でお皿から食べられるようになれば良いのだが…。
S病院の獣医師(呪医ではない)曰く、「腫瘍をとったことで自力で食べられるようになるかもしれない。ただ、強制給餌のほうがラクだと思って自力で食べない猫もいるのです」とのこと。
のりちゃんはどうなんだろう~。


[入稿日]の続きを読む

のりちゃん、元気です

2008年10月19日 23:59

この土日は自宅にいる時間が短かった。

土曜日は朝ちょこっと仕事をして
バイオリンのレッスンに行き、レッスン後は練習室に2時間こもり、テンポも
ぐちやぐちゃに好き勝手にバイオリンを鳴らす。
夕方から友人と蕎麦屋で飲み、夜は猫友様宅にサプリのお届け。

日曜日はよチこちゃんのグループ展に行き、黒夫Tシャツをゲット。
帰りにひよしまるくん宅に寄り、小夏とマルちゃんのお見舞い。
愛しの小夏の顔は険しく、相変わらずファイターだった。
新ちゃんはクネクネしてきたが、すぐに別室に移された。
マルちゃんは前よりも元気そうで、聞けばa/d缶を苦労しながらも
一日1缶食べるという。a/d缶のラベルによれば、1缶は166カロリーで、
3キロの猫の給餌量にあたる。この調子でなんとか体調を維持してほしい。
夕方から出社し、明日の入稿に備えて6時間作業をする。

さて、のりちゃん。元気です。体重3.2~3.3キロ
私のお出迎えや、ごはんの催促もしてくれます。
しかし、手術後、のりちゃんの食欲はトーンダウン。あの異常な食欲は消えうせた。
腫瘍の分を食べなくても良いからだろうと推測。
しかし、このところステロイドの注射を打っていないので、口が痛むのかもしれぬ。
もう呪医のところには行くつもりはないから、これからケアはどうすればいいのだろう。
先日、手術した病院で相談することにしよう。


のりちゃん、手術成功

2008年10月16日 05:50

のりちゃん、口内の腫瘍摘出手術、成功。
無事、覚醒いたしました。
癌も転移はなかったということなので、非常に喜ばしいかぎりです。
手元には血液検査の結果など、化学的のりちゃんデータがどっさり。
飲酒の際の、良い肴になりそうです。

お世話になったみなさま、ありがとうございました。
心より感謝申し上げます。

それにしても長い一日でした。仕事を持ち帰って家で徹夜になってしまった。
朝がきてしまったので、完徹で出社ということになりそうです。

…と思いきや、寝てしまいました。起きたら9時半。
腕時計もみつからないし、自転車の鍵もどこにいったのやら…。
のりちゃんにご飯をあげて、ゆらりゆらりと出社したのでした。

手術前夜

2008年10月14日 23:58

今朝はなぜか体重計(正確には体重体組成計、体脂肪、BMI、骨格率、体年齢も計れます)が暴走し、
のりちゃんの体重を把握できず。何だか皮肉というか、呪われているようだ。
夜 のりちやん約3.3キロ、ぐれちゃん3.1キロ(ぐれちゃんはナチュラルフードに変更してから体調がよくなり、ピカピカしている)。

さて、明日はのりちゃん、腫瘍摘出手術の日。
手術自体はおそらく問題がなく、問題なのは麻酔のリスク。
高齢と、FIVと腎不全というリスク。
お願いだから、必ず覚醒してください。

というわけで、今夜はのりちゃんの好きなものを給餌しました。
禁断のササミ(リンが多いから腎臓病にはNG)、スズキ、ホタテ、ラム肉を少しずつ。
やはりナチュラルフードより、フレッシュなものは猫もワクワクするようで、
のりぐれ、楽しそうでした。

今夜は私も掟破りの飲みながらの給餌。オーストラリアの安ワインと猫が食べなかったものを
つまみに。ワイン一本は空けないようにしたいと思います。
のりちゃんの被毛も拭いてあげなくては!

それでは明日、のりちゃんが麻酔から覚醒するのを祈っていてください。

手術、決定です

2008年10月13日 21:37

のりちゃんを連れてセカンドオピニオンの動物病院に行ってきました。

細胞診の結果、のりちゃんは「扁平上皮癌」の疑い。(悲しいけれど、予想が当たりました)
水曜日に手術をすることになりました。
手術時間は7分だそうです。

近所に住む猫友に病院まで送っていただき、
病院の近くに住む猫友に診察に同席していだきました。
ついでにのりちゃんと私を家で、長々と休憩させてもらったり。
感謝、感謝です。

退院したら、のりちゃんのケア(被毛ブラッシング)をよろしくです。>ひよしまるくん
白雪姫ならぬ、白雪王子様のような仕上がりを期待しています。

「グレちゃん」という猫

2008年10月12日 09:06

のりちゃんの相棒として、姉の家から新幹線に乗ってやってきた猫、グレちゃん。
体重は3キロ。グレーにも見える被毛をもった、足の長い小柄のキジ猫である。
gre_DSC08689.jpg

グレちゃんのお母さん猫「ミニィ」は、姪っ子が小川のほとりから拾ってきた。
その後、ミニィは順調に成長し、4匹の子猫を生んだ。その1匹がグレちゃんである。

グレちゃんはどちらかという気が強く、性格は「唯我独尊」。マイペースで
叱られても学習をしなければ、根にもたない。
どちらかというと人間っぽい性格の、のりちゃんと対照的である。
のりちゃんが「陰」ならば、グレちゃんは「陽」。

子どもの頃から、食への執着があまりなく、
食への執着しかない、のりちゃんとはここでも対照的。

フードは基本的にドライが好き。
ナチュラルフードに変更しても、あまり気にせず食べる。
刺し身は○○フードショーのまぐろが好き。鶏のささ身も好物である。

音楽を好み、特にクラシックは好きなようだ。
バイオリンも好きで、弾いていると必ずやってきて、肩にのったり、
いろいろ喋ってうるさい。ピアノの鍵盤の上の昼寝も好きである。
最も好きなことは、私を座布団代わりにすること。
特に私が横になっているときに体の上に乗るのが好き。
肋骨を骨折していたときに、グレちゃんが乗ってくると、さすがに痛かった。

朝の考察

2008年10月11日 10:32

昨夜は疲労困憊で、お酒も飲まず、目が覚めたら朝の5時だった。
恒例の畳の上で寝てしまったのだ。さすがに10月ともなると寒い。
季節の移り変わりを感じる今日この頃である。

さて、のりちゃん。さっそくご飯の催促。
その前に、お約束の体重測定3.4キロ。増えている。ちょっと意外。体重計の誤差だったりして。
ペット専用のスケールが欲しいなぁ。

のりちゃんはどちらかというと朝のほうがご飯をよく食べる。
副腎皮質ホルモンの影響かなぁ。これについては興味深い文献を見つけた。
アズミラ缶156g=190カロリーを完食。
私の介助付きではあるが、シリンジ給餌でないのがうれしい。
もしかしたら、のりちゃん、自力で食べるほうが美味しいものが食べられると学んだのかも。
シリンジ給餌のほうはがドライがメインになるし、
薬やサプリもどっさり入っているので不味いのかもしれない。

今日は夕方からみなとみらいでコンサート。
曲目は私の好きな幻想交響曲(ベルリオーズ)やハバネラ(サン=サーンス)など。
お友達ともどっさり会えそう。

[朝の考察]の続きを読む

決断の時?

2008年10月10日 23:20

10月10日(金)

それは平和な一日の始まりのはずだった。
のりちゃんにご飯を食べさせ、余裕で出勤の予定だったのだが。
メシを食いおえたのりちゃんのお楽しみは毛繕い。
ふと、のりちゃんの手をみると、血だらけ。
また、口内の腫れ物から出血したのである。
慌てて口をふくと、組織のかたまりのようなものも。
すかさず採取する。

これをかかりつけの呪医に持っていくべきか。
とりあえず、経験は浅いけれど真摯な先生にTELをかける。
しかし、先生はお休み。
用件を伝えると、流れで院長先生が診察してくださることになった。
普段は午後から病院にいないボス呪医を、9時出勤させてしまった。
のりちゃんは凄い猫である。

ボス呪医の診断結果。全身麻酔で電気メスで切る。早いほうが良い。
出血をするたびに衰弱していくだろうということ。
「あとはあなたの判断です」と言われた。
ボス呪医自らの執刀となる。あぶない患者はボス呪医の担当となるらしい。
いろいろありがたいお言葉もいただいた。
100%大丈夫とも言われた。細胞診もしないのに良性とも言われた。
この呪医を信じることができたたら、どんなによいことだろう。
病理検査について問い合わせをしたら、急に不機嫌になった。
いまの私はかなり小賢しくなっているから、根拠のないものは信用できない。

自宅に帰り、S病院にTELを入れる。
S病院でも診察していただくことにした。

セカンドオピニオン探し

2008年10月09日 11:58

10月9日(木)

体重 約3.3キロ  のりちゃんの食欲は下降気味で、今朝は私が起きるまで、起きてこなかった。
朝 アズミラの缶詰め+サプリ/のりちゃんSpecial
夜 カリナチユ鹿肉缶詰め+Special流動食(イノーバRF10g、アズミラウェットペース)

今、仕事が忙しい時期なんだけど、合間をみていろいろ情報収集中。
行ってみたい動物病院が2件ある。
一件は以前から行ってみたかった、西洋医学+東洋医学、自然治癒や食事療法《手作り食を奨励》にも力をいれている動物病院。
もう一件は口腔、血液学に強い動物病院。
後者の病院には、のりちゃんの謎のおできと、ついでに口内炎を診察していただきたい。

そして猫友達のおすすめの病院もあるから、心強いかぎり。

とりあえず、かかりつけの呪医や石もいるし。

かかりつけでは、次回は院長診察らしいんだけれど、また私の親知らずが腫れてしまいそう。
それはできればパスしたい。特別料金だったら、絶対にキャンセルする。
あの呪医は鳥を洗っていればいいのだ。

猫たちは寝てしまった。これから私は晩メシ。





 

本日の、のりちゃん~朝はご飯の催促~

2008年10月08日 10:58

7時30分、起床。のりちゃんが、めずらしく柱をカリカリ。
これは「メシをくれ」という催促である。
抱きあげて、体重を計る。3.3キロ。

アズミラ缶(ビーフ&チキン)を、のりちゃんに上を向いてもらって食べさせる。
なんともすごい食欲。156gをほぼ完食してしまった。
この食欲の良さは、昨晩飲ませたステロイドのせいなのか。
夜中に飲ませた、ササヘルス効果なのか。
甲状腺の異常なのか…(現段階の血液検査では判断不能)
それとも、謎のおできが食いたがっているのか…。

それから、腎臓ケアのために活性炭のお薬を飲ませる。

イノーバRFを10g、ミルサーで粉状にし、
ほんの少しアズミラウェットを加え、ビタミンC,ビタミンE,アルギニン、酵素サプリ、
サーモンオイル、オリゴパウダー、ユッカを加えたフードをシリンジで給餌。

30分後に抗生物質とステロイド。

仕上げにササヘルス。これもまた無感動に飲み込むのりちゃんなのであった。

朝だけでもアズミラ缶詰め189カロリー+ドライ約35カロリー=224カロリー。

コレで体重が増加すれば問題ないのだけれど…。
増加はむずかしいかも。

晩ご飯はカリュナチユのチキン&ライス缶  156gをほぼ完食。
活性炭やサプリ類もこっそり食べさせた。さすがにバレバレだと食べるのを嫌がる。
ミキサーやミルサー、シリンジを使わなくて良いので、すごくラクだ。
謎のおできからは、本日は流血はなさそう。
[本日の、のりちゃん~朝はご飯の催促~]の続きを読む

本日ののりちゃん ~流血!

2008年10月07日 23:35

のりちゃんは猫。13歳、♂ FLV+口内炎に加え、腎臓が悪く、おまけに口内に謎のおできができてしまった!
得体はしれないけれど、腫瘍っぽい。
2008年8月上旬、腎臓が悪くなっていることが発覚。それからは療法食探しに奔走し、
ようやく落ち着いたところで口内炎の改善に着手。
良い感じで進んでいたのだが…。

10月4日(土)の朝、口から尋常じゃない出血が。
ちょうどその日朝一番で血液検査の予約をしていたので、すぐに獣医さんへ。
口の中をみてびっくり。口の入り口の上、位置としては鼻筋の裏側あたりに、
5ミリ大のまっかなおできができていたのであった。

切開か、自然にまかせるのか、猫の状態や麻酔のリスク等を考えると悩ましいところ。

ヤバさ100%。本日 22時頃に帰宅すると、のりちゃんが玄関口までお迎え。
必死のごはんごい。カリナチュのチキン&ライスの缶詰めを、のりちゃんに顔を上に向けてもらって
食べさせる。少し食べたところで水を飲みに行き、それから流血が起こった。
そのおできが何かの拍子で破れたのである。畳に飛び散る血潮。のりちゃんの口は血だらけ。
ちょっとホラーだ。すぐに血をふき、止血どめを飲ませる。
だけど、のりちゃん自身はケロリとしていて、試しに缶詰めを食べさせたら、実によく食べた。
156gの缶詰め、もう少しで完食である。
こうなってくると、体重管理も腎臓ケアもどうでもよくなってくる。

ここのところ、私の精神状態もおかしく、いつもと違う行動をしている。
酒を飲みにいかない。人に電話をかける。仕事をテキパキ、そして素直にこなす。整理整頓をする。そして、こうしてブログを書いている。実にヤバイ傾向である。

もう少ししたら、のりちゃんの口の中のおできを観察しよう。
サプリも飲ませるんだ~♪


最近の記事


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。